外板補修作業、再開です。

長い冬が終わったと思えば、急に暑くなってきましたが、ようやく2022年最初の作業に取り掛かることができました。

車内から座席を取り外し、車番を外します。

外側から劣化したパテを削ります。

当初はパテ盛りまで作業する予定でしたが、重ね塗りした錆封じがなかなか乾燥してくれません。

今回はパテを盛らずに、作業面の保護をして次回に備えることとしました。

新メンバーも加わって、和気あいあいと電車いぢり。

2022年1月12日の状況

正月飾りを外すために現地に行ったのですが…簡単には近づけない状況です。敷地内に入るためには、まず除雪しなければ入ることができません。

車両は西側に雪がこびりついています。

道路状況はこのようになっています。国道161号線からのアプローチは可能ですが、国道367号線へ向かう道はシャーベット状の雪の上に新雪が積もり、スタッドレスタイヤでも上り坂は空転する箇所もありました。

月末に車両のメンテナンスを予定しているのですが、延期になるかもしれません。